スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

憑依奮闘記2 キャラ設定

 2009-07-11

 しまった、こいつを忘れてた!?

 ということで、キャラ設定を遅れて上げます。  第一部の九年後ということで一部の例外を除いてみんな年齢があがってますね。 とはいえ特徴ががらりと変わった人はいないかな。 キャラ増えたけど、まぁ……差別化できてたらいいなw





憑依奮闘記
簡易キャラ設定



<主人公>
クライド・エイヤル
総合A 魔力光 青
レアスキル  現状維持
デバイス ブレイド
アーカイバ
マジックガン
サバイバルデバイス
その他 ワイヤーグレネード
爆導鎖
ツールボックス

ただの武器   対魔法刀

二十二歳(肉体年齢)

デバイスマイスター
バトルデバイサーとかスクラップデバイサーとか呼ばれる程デバイスを愛せる男
戦闘訓練は続けており、昔よりも戦闘力は上がっている。
武装隊連中でデバイスの実験をしたりする
相変わらずの独身貴族
ヘタレスト<ヘタレ+ロマンチストの意>





<闇の書>
闇の書の意思<リインフォース>
管制人格として扱われていたが、トールによってグリモアにその地位を譲渡され、今では守護騎士と同じような一介の騎士になっている。
シャマルだけは正体に気づいているため、敬意をもって接する。
生前の記憶は存在しない。



防衛プログラム<レイヴァン>
物理と魔法の四系統の障壁と、無限踏破を持つ最強の防御プログラム。
ただし、夜天の書が蒐集すると蒐集された情報を手に入れて滅茶苦茶に混ざり合ってバグが侵攻し、暴走体となっていく。 その過程でスキルを失ったり、怪獣っぽい体になったり、原型が無くなったりよくなる。蒐集を一切クライドがしていなかったため、ほぼ昔のままでシュナイゼルが呼び出せた。 通常、夜天の書の主が絶対に拝むことはできないはずの存在。 トールによってデータごとデリートされた。


<守護騎士>
シグナム
ストラウスお気に入りの着せ替え人形になる。
アギトと共にミッドガルズで荒事の仕事を専門に受けて荒稼ぎ。
カグヤを見ると条件反射で片膝をつく。
リニスと勝負したり、カグヤに勝負を挑んだりとヴァルハラでの生活をかなり満喫。
ニート侍ではない。


ヴィータ
ミーアとは良い友人にして師匠。
工事用ヘルメットを被り発掘作業を進んで手伝ったりした。
ツルハシや首かけタオルが何故か異様に似合っていた(ミーア談)
最近ドリルの扱いを覚えたらしい。


シャマル
カグヤのせいで生前の記憶を取り戻した。
キールと交際中だった。
無敵超人カグヤを唯一人恐怖のどん底に叩き落せる必殺仕事人。



ザフィーラ
闇の書を守るためにクライドの家を警備していた。
家事全般を習得し、家を完璧に維持してのける。
アリシアに懐かれていたので、たまに彼女の相手をしたりする。
近所づきあいもそつなくこなし、近所の奥様方からも評判。
町内の清掃では若い男手ということもあり、黙々と仕事をこなした。


<クライドの助手>
グリモア
紫銀の髪を後ろで無造作に束ねている
瞳 紫銀
魔力光 紫銀
総合AAAオーバー? 現在リミッター付きで魔法使用不可能
十八歳
小柄で華奢(童顔幼児体型)
三年ほど前からクライドの助手をやっている
クールに仕事をこなす
基本は無表情で無関心(だが、それでも徐々に変化してきているらしい)
割とド直球
後に夜天の書の管制AIにされる。


<アウトサイダー勢力>
カノン・テインデル
機動砲精カノン
グリモア君の正体
ランクS+
条件付でSS?SS+
魔法形態 アルハザード式
テインデルの遺産にしてアルシェとジルが共同で手がけていた最後の作品
試作型ユニゾンデバイスでありながら、ユニゾンデバイスではない兵装デバイス。
イーターや蒐集詩篇よりも後に開発されたロストロギア級デバイスであり、未完成品。
アルシェの趣味がふんだんに盛り込まれ、小柄で華奢で無愛想な性格と相成った。
さらに、主に逆らえるマシンハート<機械仕掛けの心>システムを搭載。
ゆくゆくはアルシェは彼女と姉妹喧嘩までできるほどに教育するつもりであった。
また、ジルがアルシェの護衛のために戦闘プログラムとちょっとした補助動力を組んでいるので恐ろしく高高度な戦闘思考を展開でき単体でも強力。
無機質でありながらもその特異なシステム故に”限りなく”人間の思考形態にまで自己進化できる可能性を持つ。 マシンハート起動前は持ち主の命令に絶対服従だが、起動後はあらゆる命令を無視できる。ロボット三原則など当然組み込まれていない。

高機動砲撃型

近接魔法 イルアンクライベル
砲撃魔法 ミョルニル
     ディフュージョン・ミョルニル
魔力電磁砲身 マジックレール
電磁フィールド メギンギョルズ
秘奥   魔法アルカンシェル(ただし、未完成な現状では三回という目安がある)




ドクター
次元犯罪者の頭脳
ジェイル・スカリエッティ
アルティメットデザイア<無限の欲望>の一人
第四魔法(スカリエッティ式超魔力専用魔法<未完成>)の基礎を作ったオリジナルの記憶を持つ
Sランク(超魔力)
デバイス 超魔力制御用デバイス  銀の爪のある右腕グローブ型
固有スキル <超魔力>
様々なドクターたちの中で、チェーンとグライアスと出会った唯一人のドクター。
二人との交流を経て表返ることを密かに考えていた。
スカウトマンとの邂逅、カノンとの出会いを経てクライドたちに協力。
死ぬつもりは無かったはずだったが、それでも”そうできる”喜びを知った彼には止まることはできなかった。
JSウィルスを広めた張本人であり、そのせいでAMFやプロジェクトFや管理局の闇などのデータが広域次元中にばら撒かれた。 管理世界を震撼させた今世紀最大規模の伝説の次元犯罪者。






クライド・エイヤル(本物)
目覚めぬはずの才覚者
魔力光  青
魔力資質 AAA+
デバイス  クライドの奴を使用?
魔導師としての才能はかなり高かったが、魔導師には興味が無かった。
犬より猫派
アリア派
センス○を所持
本来なら目覚めぬはずだったが、クライド(偽者)の影響で意識を取り戻していた。
闇の書の意思と話したり、クライドの知識やらで外界を認識していた。
偽者が憑依をやめたので意識が浮上。 外に出たものの、自分の居場所が無いことに絶望し知り合いであるアレイスターの力で今を捨て昔の少年に戻る。
戻った彼には十七年前までの記憶しかないので、もはや何を聞いても答えることができない。記憶を探っても勿論何もでてこない。
再びグレアムに引き取られる。 今度こそ完全に養子として育てられるはずだったが、クライドの嘆願で後見人のままで落ち着いた。理由は言うまでもない。





<クライドの元婚約者(仮)>

リンディ・ハラオウン
魔力光 翡翠
総合SS
デバイス インテリジェントデバイス ワイズマン(爺様の渋い声で詠唱・最近までは某マニアが調整)
十八歳
執務官(上級キャリアへの土台と実績を作っている最中)
二人のクライドの狭間で揺れていた。
レティ・ロウランとは友人関係
男女の駆け引きというのをやってみるが、そのせいでクライドとの関係が無くなった。
今回の事件をきっかけに真実を追い始める。


<クライドを監視するもの>

カグヤ<シリウス>
ミッドガルズのソードダンサー
アルハザード十三賢者番外位<剣聖>
アームドデバイス 氷水
         レイヴァンテイン
ユニゾンデバイス サード
魔力資質 SS
レアスキル 『無限踏破』
魔力変換資質 冷却
魔力光 白
限界突破者
相変わらずのカリスマ少女
ミーアにほぼ全勝


サード
カグヤのユニゾンデバイス
ジルのおかげで原型を越える能力を所持
ただし、殆ど使用されたことが無い。
いつもカグヤの胸ポケットの中で寝ているか、整備されてたり、仕事を押し付けられたりする。



トール
闇の書にインストされたクライドの監視者兼情報提供者
ある役目を負っていた。
もう闇の書の中にはいない。



<無限図書で出会った少年>

ペルデュラボー
偶に無限書庫で会う金髪の少年
分厚い牛乳瓶の蓋みたい度の厚いグルグル眼鏡(伊達めがね)を頭上に引っ掛けている
占いが趣味らしい
無限図書で何かを探している
クライドに様々な本を貸したりしている
実はアレイスターの世を忍ぶ仮の姿



<時空管理局本局>

クライド・ディーゼル
ランクS+
杖型ストレージデバイス S2U
魔力光 青
新型航行艦エスティアの若き艦長にして提督
クライド・エイヤルによる妖精守護作戦によってことごとくフラグを折られたが、めげない。
リーゼ姉妹や上司によって叩き込まれた紳士道のおかげで性格が愉快になったが、生真面目な性格は相変わらず。
闇の書の捜索をすることになった
ヴォルク提督の魔法言語<リンディ至上主義理論の講義>のせいで若干マインドコントロールされている気配有り。
実は割とモテる。


ギル・グレアム
提督<執務官長>
総合SS
魔力光
デバイス  ストレージ 
クライド・エイヤルの義父のような後見人。
冗談の得意な英国紳士
リーゼたちの主
事件後から二年で顧問官になった。
目を光らせながら不審な点を探している。


リーゼアリア
冷静っぽい
クライド(本物)にとっては優しいお姉さん
クライド(本物)によくダイブされる。
懐いていたクライド君のために局から離れ、屋敷でクライドの面倒を見る。
護身用にクライドに魔法を教えるも、簡単に全部習得されて驚く。
クライド(本物)は魔法などに興味はないが、アリアが教えるので習得。
デバイスは前にクライドが所持していたものを与えた。


リーゼロッテ
人懐っこい
クライド(本物)をよく振り回す。
そのせいでクライド(本物)はやや苦手意識有り。といっても基本的には好かれている
アリアへのダイブを伝授した張本人。
アリアがいなくなった分グレアムのサポートに併走している。



フレスタ・ギュース
武装隊の小隊リーダー
陸戦AA
魔力光 桃色
デバイス   2丁拳銃型デバイス(クライド作成)
   制式装備デバイス
   トライアド(クライドのオーダーメイド三点セットで二丁拳銃と狙撃銃型がある)
       カスタムデバイス(チェーンから貰った奴だが、使わずに大事に保管。
手入れの仕方をクライドから教わり、偶に磨く)

武装隊の華にして小隊リーダー
ここ最近職業病である砲撃中毒になりかけている。
白馬の王子様を募集中だが、周りには飢えた男どもしかいないという不幸具合。
ディーゼルのメル友。


レティ・ロウラン
総合AAA+
薄い紫色の髪を括った人
眼鏡を中指で押し上げる癖がある。
合理性を何よりも重視する執務官
(人を指揮して組織的に動くタイプで単独か航行艦で動くリンディとは対極)
リンディの友人
執務官試験辺りで出会いディーゼルの元で二人して補佐をして執務官へ。
元々戦闘が好きではなく、前線に立つよりは指揮や事務の方が得意。
類稀な事務力と権謀術数を使いこなし、人事部の方から上に行く予定。
リンディとは友人であり、彼女に色々と黒さを吹き込んだ元凶だが互いに影響を受けている模様。



セダン・ベイル
一等空尉
特殊部隊スウェットの隊長
空戦AAA(出力リミッターで普段はA)
魔力光  グレー
叩き上げの無骨な武装局員
冷たそうに見えるが部下からは慕われている
命令違反の常習犯であり昇進には興味なし。 実力は本物。



ゴルド・クラウン
監査官
魔力光 黄金
魔力資質 不明
レアスキル 不明
微笑が得意
金髪の優男
手が早いことで一部では有名らしい
グレアムの監視任務を帯びる。



レイン・リャクトン
本局の提督にしてクンフーの達人
旧姓 ビフレスト
魔力光 自由自在
陸戦AA+ (空を飛べる)
レアスキル マジックパレット
爆裂拳の使い手
ザース・リャクトンの妻
一途な野心家
父親の手引きを最大限に利用して一足飛びで出世道を駆け上がるも、独立できるだけの力を蓄えた後に、ザースと結婚。 男の子を授かる。 双子の兄エーリッヒも同時に決起し、父親との親子喧嘩になりつつも、父親を倒し管理局を辞職。 以降ビフレスト家とは兄妹揃って断絶状態。
子供は母と兄が面倒を見てくれているので、安心して本局で猛威を振るっている。
休日にザースや息子と会うと、とにかくデレる。
海と陸の軋轢もザースと彼女にとっては些細なことでしかない。
とにかく熱い。


副長
レインの補佐役
初老の男
温厚だが抜け目がない性格
レインの経験不足を補う頼れる存在




<時空管理局ミッド地上>
ザース・リャクトン
魔力光 茶色
デバイス  バンカーナックル(ザフィーラの奴と同型 クライド作成)
      ブレードブーツ(車輪の下に特殊魔力刃を形成できる戦闘用 クライド作成)
陸戦AA
陸課特殊犯罪捜査部所属の捜査官
南部の『時の庭園』が盗まれた事件の助太刀に借り出され、クライドの家のことを知り声をかける。
美人の嫁さんに弱い
一児<男の子>のパパだが、最近忙しくてろくに家に帰れないせいで息子を虹男に取られかけている。
家族サービスの機会を虎視眈々と狙う。


<スクライア一族>

ミーア・スクライア
15歳
デバイス レイジングハート
魔法少女騎士リリカルミーア
スカイフェレットの正体
カグヤに連敗中
枕を無駄に消費する。
必殺技のフェレップシーロールは脅威的(?)な破壊力を誇る


キール・スクライア
相変わらず魔法少女騎士に振り回されている
美人に弱いが、シャマルとの交際を切っ掛けに免疫をつけてきた(ような気がする)。
愛を知って無敵になった男であり、ヘタレの神でもある



<その他>

アギト
烈火の剣聖
シグナムのユニゾンデバイス
シグナム消滅後にミーアと合流
ロードの無事を祈る


アリシア・テスタロッサ
金髪ツインテール(仕事内容により髪型に変化有り)
十四歳
ヴァルハラ系企業のファッションモデルを経て現在アイドルまでやっている。
時の庭園近くの川原でクライドやザフィーラと出会った。
当時からザフィーラがお気に入り
現在は次元世界を渡り歩く歌姫。


リニス
プレシアが飼っていた山猫の使い魔
アリシアを一人にしていたことを悔いたプレシアがアリシアのために使い魔化
以後、アリシアのマネージャー兼世話役なども勤める
大魔導師の使い魔だけあってポテンシャルは中々高い
速度重視の高速戦闘型オールラウンダー
ヴァルハラで戦斧型のインテリジェントデバイスを用いてアリシアの護衛任務を受けたシグナムと腕を競ったことがある。
クライドとの談笑後、密かに愛用のデバイスにカートリッジシステムを取り付けようか悩んでいる。


プレシア・テスタロッサ
次元攻撃魔法さえ使える大魔導師
アリシアの母
リニスの主
魔導炉ヒュードラの事故後、ミッドガルズ系列の企業にスカウトされ勤務
有名になったアリシアを目当てにかつての夫が復縁を申し込んできたが、拒否。
子煩悩なため、芸能界で陰惨な苛めに娘があっていないか心配している。
プロジェクトFなど聞いたこともないらしい。
時の庭園がオークションで売られることを聞き、買うつもりだったが買いそびれてしょんぼりした。


ミズノハ・サタケ
リンディのかつての恩師
アークと結婚後平日は訓練学校、休日は店の手伝いをしている。
四十代前後とは思えぬ美貌。
娘がいる。



<第二蒐集機勢力>

蒐集詩篇
夜天の書のプロトタイプ
対魔導師蒐集制圧用の大容量魔力ストレージ
三大蒐集機の二番目
夜天の書に酷似している。 剣十字が無い。
改造後、ユニゾン機能と実体顕現システムを入手。それまでは完成せずにお蔵入りしていた。
ページをばら撒き、そのページを魔導師に強制ユニゾンさせることでリンカーコアを内部から蒐集する。ユニゾン爆弾にも使用でき、ページは666ページまで再生増殖する。
また、ページは本体から分離させることができるために666ページ分を別の箇所に持っていけば666箇所で同時蒐集が可能。
高ランク魔導師を5人同時に召喚できる
管理人格にはカルディナの唯一無二の友がなった。
本体は本の表紙であり、その在り処を知っている者はカルディナとシルフィだけ。
ページの場所に遠隔顕現できる。


カルディナ
未知の探求者
聖王名 エレキシュガル・ベルカ
ブランドの金髪  女 ウェーブのロング
デバイス  無し(王様は素手で十分なのです) 
空戦SSS-
魔力光 虹色(カイゼルファルベ)

格闘・魔力放出・射出系の法外な戦闘能力を血の力と才能だけで所持している
目 オッドアイ 右目が緑 左目が紅
固有スキル? 聖王の鎧
噂ではオリジナルより強いらしい。
聖王のプロジェクトF体にして聖王に成り代わった女性
ジャージ愛好家
シュナイゼルの黄金マスクが効かない


ラウム
槍の騎士
空戦S+  魔力光 白
シャギの入った青のショート
デバイス 白の長槍「グングニル」
     カートリッジシステムはないが、変わりに自動帰還するシステムがある。
レアスキル「マジックアブソーバー」
敵が散布する魔力、及び敵魔法の魔力を吸収し、己の魔力として吸収利用する
また、敵の魔法の魔力を吸収し威力を落せる。 その際、白の魔力光が敵の魔力光と混じりその色を変化させる。 散布系の多いミッド式の天敵。ただし、近距離魔法系は接触しなければ魔力吸収ができない。魔法、吸収した魔力を用いての放出爆破や、フィールドを自由に操ることで戦う。 突きを使う時は必殺を狙うとき。
元ベルカの自由騎士
割と大雑把な性格。 力試しは好きな方
サバサバとした性格
人の命を難しく考えない



シルビア・シルエイティ
シスター少女
魔力資質Sランク
(ベルカ式だが戦闘技術は特に鍛えているわけではない。継承しているというだけ)
デバイス   チェーンソー型アームドデバイス「ジェノサイダー」
魔力光  銀色   
桃色ツインテール(聖王の気分によって弄られる) ちみっこ
言葉遣いは可愛らしいが、凶悪な武器を操る。
聖王の命令を忠実に守る
カルディナが路地裏でラウムをボコボコにしている最中に偶々出会った。
ミッドチルダの次元平定戦争で死んだが、カルディナのおかげでコピー体として蘇る。
聖王<カルディナ>への盲目的な信仰を持つ。



フーガ
盾の騎士
AAA
魔力光 紅色
二メートルの大男
紅い全身鎧で身を包む。

デバイス   トンファーの先に盾をくっつけ、取り回しをよくした長方形型の盾「イージス」
       トンファー形態だと二つで、くっつけて一つの盾にする
寡黙、あまり喋らない
元ロイヤルガード
カルディナの行く末を見守るために忠誠を誓う



シルフィ
聖王の親友
蒐集詩篇の管制人格
SS
デバイス  ハープ「ローレライ」
魔法   震動波や高圧縮の空気を飛ばし、攻撃魔法に
支援魔法 音に魔力を込め支援
金髪 ロングウェーブ 女
間延びした超おっとりマイペース
小鳥をベースにした守護獣
カルディナの親友にして盟友
歌が得意



<最強の魔導師>

シュナイゼル・ミッドチルダ
魔力資質  総合SSS
レアスキル 黄金マスク
ミッド式の開祖
アルハザードを虚数空間へと隔離した張本人
質量兵器を駆逐し、魔法至上主義社会を形成するために暗躍
カルディナとは悪友っぽい関係
ミッドチルダや管理局を影で動かしている
目的のためなら手段を選ばない


<アルハザードより失われたもう一人の機動砲精>

パーフェクト・カノン
機動砲精完成型
魔力出力SSS
魔力光 紫銀
デバイス トールハンマー(動力内臓 魔力光 黄色)
機動砲撃タイプ
試験用AIにアルシェの人格を搭載するも、シュナイゼルが弄ったせいでかなり狂っている。
シュナイゼルに絶対服従だが奴が弄ったせいで思考がバグっている。
アルハザードにてアルシェとともに消えた遺産。
未完成型のカノンのデータを元にアルカンシェルが一人でこっそり作っていた。
実はジルにも内緒にしていたために、ジルもその存在は知らない。
機動力、砲撃力共にかなりの力を持つ。
特に、魔法アルカンシェルを放つことさえも前提としているため、単独でも戦艦クラスの射程を実現した殲滅兵器。
未完成だった融合能力も得たが、そもそも融合能力を行使するよりも単独で用いた方がずっと強いことにアルシェが気がついたのでとりあえず好きなほうを使えるようにされている。
カノンの現状は知っていたので、その姿を模倣。
また、ジルの手が入っていないので補助動力は無いが、魔法データは吸い出してコピーされている。
その魔法や戦闘プログラムを応用し、デバイスにデバイスを持たせたりもしている。
ちなみに、アルシェが悪乗りして砲撃だけでなく近距離でも力ずくで戦えるようにした。
在る意味死角が無い完全戦闘仕様な妹となっている。

コメント
lw・)<やっべ寝そびれた。

一部の人物紹介を見て思い立ったことASの発生要素消し飛んでるよなやっぱ。
【2009/07/11 03:47】 | Tomo# #- | [edit]
>>しょんぼりした。
で萌えたww
【2009/07/11 12:00】 | ババ #- | [edit]
更新待ってたぜ…3部はありますよね? 首を長くして待っております
【2009/07/12 00:32】 | サザナミ #M/EAJn/Y | [edit]
1部読んだのがかなり前なので
「そんなキャラだったかー」とか思いつつ読みました。
1部から読み返してきます。ロリンディを・・・

原作入っても関係ねーぜ!ってぐらいの勢いで行って欲しい
でも、主要人物は世界の修正とか都合よく出して欲しいw
【2009/07/12 13:51】 | 犬 #DHiWGXHI | [edit]
主人公がよくいる偽善者オリキャラになっているのが悲しい。

【2009/07/14 00:22】 | とおりすがり #BejLOGbQ | [edit]
オリキャラは、みなキャラが立っていて面白かったです。

しかしシャマル、ソードダンサーを恐怖に陥れるとは・・・・過去にいったい何をした?。
【2009/07/15 00:12】 | rin #YrGnQh/o | [edit]
相変わらずキャラの書き分けが上手ですね。
しかし、レイヴァンが防衛プログラムだとはこれ読んで始めて判りました…
読み直してみるとシリウスの過去話の描写や四層の防御などヒントがいっぱいありましたね。トラスさんは伏線を張ることや、さりげなく重要情報を書くのが上手だとあらためて思いました。
【2009/07/29 03:16】 | 鎖 #- | [edit]
先生早く続きが・・・続きがみたいです。
【2009/11/26 02:06】 | 黒翼天 #4NU3dLzc | [edit]
最終更新からだいぶ日がたっていますが更新はいずれ更新はあるのでしょうか。無論続けてくれるのがうれしいですが、ムリはいえません。ですがとりあえず現状報告してくれるとうれしいです。
【2009/12/16 23:25】 | アシェ #RhhjOOI. | [edit]
年内更新むりですかね?
【2009/12/18 18:48】 | 名無しさん #GPfnIC3o | [edit]
某二次創作紹介サイトから『クライド』が主人公という事で興味を持ったので読みに来て・・・・・・あの、何ですかこの爽やかな鬱気分。

俺の心、どんよりと曇ってる訳ではないのに凄まじく重たいものを感じるのですが。



ま、そんな俺の心理状況はこのSSに関係ないので置いといて。

真面目な話、オリーシュこと憑依クライドが物凄く好きです。最後の一線踏み越えてまでひたすら高ランク魔導師打倒を貫いたところ(第一部)、ヘタレを克服出来なかったけど自分の心に『半分』嘘をつかないでくれた事(第二部)など。あ、因みに半分ってのは勿論リンディの事です。アレが本心ですか・・・・・・? と読んでて突っ込みたくなったのでw

さて、第二部も終わり。次は第三部ですか。リンディがヒロイン戦線に復帰する事を心の底から願っております。ええ、願っておりますとも。
あんな可愛い娘の想いが報われないなんて嘘だよ・・・・・・自業自得とか意見は出てるようだが取り敢えず、自分的には『可愛いのは正義』なのでもーまんたい。
偽善者結構、そもそも善悪なんぞ人それぞれ違う相対的なもの。『クライド』が貫きたい善があればそれでいいでしょう。ま、何もないのに動くんだったらまたモニターの前で突っ込みますがw


・・・・・・あ~なんだろう、言いたい事が上手く纏まってないような。
まあとりあえず・・・・・・クライド(中の人)×リンディを応援します。そしてこれからも読み続けます。あ、リンディ×クライドでもおkですよ?w
ヘタレは受けと相場が決m(終了


では。


P.S.この憑依奮闘記を読み始めたのは昨日4月7日の午後9時頃。そっから翌午前5時まで読みふけった・・・・・・アハハハ、そりゃ寝不足になるさ自分。
でもしょうがないじゃない、面白かったんだから!!(意味不明
【2010/04/08 21:55】 | 璃音 #6zwJj4Cc | [edit]
先月劇場版見に行って明かされたリンディさんの魔導師ランクが総合AA+の補助型ということに軽くポルナレフされました。
こいつはリンカーコア破損(傷心)フラグなのかとwktk。
【2010/08/13 08:05】 | 名無しさん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuukyowomitase.blog120.fc2.com/tb.php/149-442cda82
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

トラス・シュタイン

Author:トラス・シュタイン
不定期更新ブログの主。
趣味はアニメ・ゲーム・漫画
好きな言葉は因果応報

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

ゲーム

マンガ

PCゲーム

断章or三部キャラ人気投票
断章と三部部の投票用です。 一日一回投票できます。

他のキャラでも是非とも投票したいと言う場合は空白部分に名前を書き込んで投票してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。